に投稿

【施工中の現場より】ログの組み上げ開始@田村郡船引町・ログハウス

こちら、船引の現場は基礎工事、土台敷きが無事終わり、いよいよログの組み上げが開始いたしました。この組み上げがログハウスを建てていく上での醍醐味の一つですね。

圧倒的な木の存在感で、在来工法とはまた違った迫力がありますので、近所の人たちも、何ができるんだろう~?と見学に来たりましす。

部材を探して送り込むチームと、それらを組み上げるチームに別れて作業します。

この建物はログが19段まで積み上がりますよ~

さて、今日は何段まで積み上がるかな~~~

に投稿

【薪ストーブの話Vol.004】薪ストーブはどんな家に設置できる?

ログハウスや新築時じゃないと薪ストーブは設置できませんか?という質問を受けることがあります。

当社も、ログハウスを取り扱っておりますので、お客様からすると「先入観」として、そういう思い込みや誤解があるかもれませんが、実は、そんなことはございません。

実際に、ログハウスではない一般住宅のほうが設置件数は多いのです。

また、新築時ではなくとも、一定の条件をクリアできれば設置可能です。

勿論、新築と同時にご相談いただければ、より薪ストーブの性能を引き出せるプランを提案可能です。

薪ストーブの導入をご検討のお客様、些細なことでも結構ですので、ご相談やお見積りお気軽にご連絡ください。

健康に良い建材と長持ちする建材での家づくり
【有限会社ウッドライフ@福島県郡山市】
福島県郡山市安積町日出山2-162

https://www.wood-life.co.jp

に投稿

【薪ストーブの話Vol.003】パシフィックエナジーの薪ストーブで販売中の人工薪を焚いてみた

社内では稼働可能な薪ストーブが2台ございますが、最近はパシフィックエナジーがメインです。
薪ストーブには主に鋳鉄製と鋼鉄製ががあり、このパシフィックエナジーの薪ストーブは炉内が鋼鉄製でできており、温度差による鉄疲弊を限りなく低減している薪ストーブです。

日本国内では、一般的に広葉樹の方が薪に向いていると言われておりますが、パシフィックエナジーの薪ストーブは針葉樹が使用できるよう、積極的に設計されています。

そんなパシフィックエナジーの薪ストーブに、先日紹介した人工薪を焚べてみました。

こちらの人工薪、非常にいい感じです。
今回は、3本焚いたのですが、3時間〜4時間程、保ちました。
また、薪ストーブのメリットの一つである、燃焼したあとの予熱でも暖房器具としての性能を保ってくれた時間を含めれば、そのパフォーマンスは十分と言えると思います。

火持ちもよく、火力も十分。
上手に使えば、コストパフォーマンスの高い薪として重宝しそうです。